費用をハッキリさせてからお願いするのが大切

墓

プロによる仏壇の洗浄

仏壇のお手入れというのは、プロに任せるに限ります。素人が手入れをしようとすると、痛みの原因となってしまいます。仏壇洗浄は、仏壇のサイズによって費用が変わってきます。15万円前後で洗浄を依頼することができます。
葬儀会場

お墓の種類や特徴について

墓石に向くのは吸水性が低く、硬くて重い石です。一般的には御影石(花崗岩)が用いられることが多いですが、御影石にも種類があり価格もバラバラです。石代だけなら30万円くらいからありますが、最終的には墓所全体の費用バランスを見ることが重要です。
墓

霊園で墓を作ろう

霊園で墓石を建てる場合、その価格相場としては1聖地の土地に墓石を建てる場合なら概ね100万円程度となります。最近ではホームページで詳細に料金体系を公表している霊園も多くありますので、そうした媒体も参考となります。
墓

お墓選びの難しさ

若い世代にとっては、お墓の問題は頭が痛いと言われています。墓石の材質や価格の相場を知っておけば、良い買い物が出来ると言われています。生前に準備をしておくのも効果的で、終活の一環として注目されています。
葬儀

デザインを考える

墓石を購入する際、価格もチェックをしておくとよいでしょう。購入をする業者によっても差が生じます。事前にどれくらいの予算で購入をするべきなのかということも検討をしておく必要があります。そうすることでコストも比較もできます。

いくらになるか知っておく

葬儀会場

金額を知ってからお願いすることがおすすめ

家族が亡くなった場合は、さまざまなお金がかかるので、トラブルにならないためにもハッキリとさせたうえで支払うようにしましょう。しかし、墓石や仏壇などは分かりやすい価格ですが、戒名が必要となった場合はハッキリとさせるのが難しいことがあります。もしも、宗教的に戒名が必要ならば、住職ときちんと話し合いをして納得ができる金額にしてもらうことを考えましょう。なお、戒名には位があって、どれにしてもらうかで大きく値段が異なるので気をつけなければいけません。下の位のものならば10万円程度でもらうことも可能ですが、一番うえの位になると100万円を超してしまう場合もあります。位が高いほうがよいと考えるかもしれませんが、驚くほどの値段になるかもしれないのでしっかりと考慮しましょう。また、亡くなってから戒名を決めると、住職の意向通りになってしまうケースもあるので気をつけなければいけません。そのため、戒名の値段をしっかりと確認したうえでもらいたいのなら、生前にもらうことも考えましょう。生前戒名というものがあるので、そちらならばこの世から旅立つときに備えて自分で戒名をもらうこともできます。ちなみにどのような方法で戒名をもらうとしても、お墓のあるお寺からもらったほうがよいです。値段が安いと考えて別のところからもらってしまうと、お墓のあるお寺がそれを認めずにトラブルになってしまう可能性があるからです。もしも、ほかのところからもらいたいと考えるのなら、事前にお墓のあるお寺に話を通したほうが安心でしょう。