費用をハッキリさせてからお願いするのが大切

お墓選びの難しさ

墓

増えている外国産

身近な人が亡くなると、お墓の心配をしなければなりません。地方に住んでいればまだしも、都市部においては墓地を確保するのも困難だと言われています。なるべく元気なうちにお墓のことを話し合っておくと、慌てることがなくなると言われています。お墓の価格はピンきりで、安い墓石であれば30万円程度から購入することが出来ます。一方で高い墓石であれば、200〜300万円と言われています。とりわけ高額になるのが、庵治石だと言われています。光沢と耐久性が違いますし、百年二百年と変わらない特長があります。しかし、近年は外国産の墓石の品質が著しく上がって来ています。インドや台湾の墓石が人気を集めていて、日本産の半額以下で購入することが出来ます。お墓の様式もどんどん変わって来ていて、欧米のようなプレート式のお墓が人気となっています。価格も手頃になっていて、選択肢が広がっていると言えます。気になるのが購入方法ですが、従来のように石材店で全てを任せることも可能です。そして、最近増えているのが葬儀社が取り扱うケースです。石材店の数が減っていて、葬儀社が墓石の販売を手掛けることが増えています。ここで気を付けたいのが、価格は墓石のみで標示されていることが大半であることです。文字の刻印や灯籠、更には設置の費用が含まれていないことです。意外に費用が嵩んでしまいますし、入念な打ち合わせをしておくようにして下さい。インターネット販売も可能で、価格を抑えることが出来ます。